合宿免許 必要なもの

合宿免許に必要なもの

合宿免許に必要なものはいろいろとあります。
合宿免許は、2週間くらい宿泊することになるので、必要なものは忘れないように確認しておきましょう。
合宿免許に必要なもの、まず入校時に必要な書類ですが、本籍地記載の住民票(発行後3ヵ月以内のもの)、本人確認書類(健康保険証・パスポート・写真付住民基本台帳カードなど)、運転免許証(持っている場合)、印鑑などです。

 

必要な持ち物は、筆記用具・洗面用具・洋服・タオル類・ハンカチ・ティッシュ・充電器・マイバッグ・ブラシ・歯ブラシ・洗濯用品・常備薬・化粧品(必要な方)・髭剃り(必要な方)・メガネやコンタクト(必要な方)・運転しやすい靴などです。
洋服は運転しやすい服装、靴はスニーカーなどでサンダルやハイヒールは不可の場合が多いです。
自動二輪免許の場合は、長袖・長ズボン・グローブ・ヘルメット・かかとのあるブーツ・足首より上まである靴下・雨具なども必要です。
靴下はスニーカーソックスは不可です。

 

そのほか、爪切り・綿棒・マスク・延長コード・カメラ・パソコン・音楽プレーヤーなどを持っていくと、衛生面や自由時間を過ごす際に便利でしょう。
合宿免許に必要なものは、合宿免許の案内に記載されているでしょうから、しっかり確認して忘れ物のないように出発しましょう!