合宿免許が混むシーズンとは?

合宿免許が混むシーズンとは?

合宿免許が混むシーズンとは、学生が長期休暇に入る2〜3月の春休みシーズンや7月下旬〜9月の夏休みシーズン、12月末〜1月の冬休みシーズンなどです。

 

これらのシーズンには、合宿免許の申し込みが殺到します。
合宿免許が混むシーズンには、宿泊施設の手配やプランの調整が難しくなるので、料金が高く設定されます。
ですので、もし可能であれば、合宿免許が混むシーズンを避けて申込むほうが料金も安くなりお得です。
しかし、学生の場合はやはり、合宿免許を申し込むなら長期休暇を利用するのがベストですね。
合宿免許が混むシーズンに申し込みたいのであれば、入校したい日の2〜3ヶ月前には予約を済ませてしまいましょう。
ただ、合宿免許が混むシーズンでは、混んでいるので教習が思ったより進まなかったりするので、できれば混まないシーズンに合宿免許を受けたほうが良いでしょう。

 

合宿免許が混まないシーズンでは、教習もスムーズに進められ、料金も混むシーズンと比較すると割安になります。
合宿免許は、教習所が用意した宿泊施設で合宿しながら教習を集中的に受けることで、短い期間で免許を取得できます。
通学で免許を取得するよりも、短い期間で安い料金で免許が取得できるので、まとまった休みが取れる方には人気があります。